アイメイクを丁寧にクレンジングして目のあたりのくすみを省く

アイメイクを丁寧にクレンジングしないと目のあたりのくすみのトリガーになる。現時点目のあたりのくすみが気になっているヒトは、クレンジングのテクニックを二度と見直してみることが大切です。クレンジングの際に、顔付き全体のファンデーションを減らすのと同時に、おんなじオイルクレンジングで洗ってしまっていませんか。眼の近くはただでさえスキンがだいぶ無い要素ですので、丁寧にあらわなければ、アイメイクの色素がスキンにうつってしまったり、ごしごしとこすってしまうことでシミをおこしたりクスミのトリガーになる。
アイメイクを落とす際には、コットンパフなどをオイルでひたし、そのコットンパフで優しく眼の付近を撫でるように取り去ります。コットンパフもスレで眼の付近を傷めてしまいかねませんから、とくべつセンシティブスキンだと言うばあいは、コットンパフでなくメソッドをつかってグルグルとなじませ、ふき取るときにだけ手厚くコットンパフを当てるというテクニックも有効です。

▲ページトップに戻る