アトピー性人肌炎と喘息との関係について

現代ではさまざまな原因でアトピー性スキン炎になっている他人が多くいます。
子供に数多く、喘息との繋がりが数多くみられます。
喘息は気管支が小さく陥る病です。
アレルギーを起こしてしまうアレルゲンが口から気管支に入ってくると人体が異物と認識します。
その時に人体に入ってこないように筋肉が収縮し、気管支が小さくなることで喘息になります。
予防するためにはアレルゲンを入ってこないようにすることが大切で、更に気をつけないといけないときは寝入ることです。
寝入るときは当たり前ですが寝ることに人体が集中します。
なので、外部から害のいるものが入ってきたときに起きていることよりも体温が下がり免疫も下がっているので、人体に入り易くなります。
なので、寝入る広場ぐらいは大気清浄好機を置いて眠る情勢をいじることが大切です。
中でも現代では大気が汚くなってきているので、却って大気を綺麗にしないといけないのです。
このようにアトピー性スキン炎と喘息は繋がりがあり、全てではありませんが、大気を綺麗にする結果阻止できます。

▲ページトップに戻る