1. TOP
  2. ニキビの部位ごとの原因とお手入れ方法

ニキビの部位ごとの原因とお手入れ方法

ニキビの部位ごとの原因とお手入れ方法

ニキビは顔にできる部位によって原因がそれぞれ異なる事をご存知でしょうか?

適切なお手入れを理解したうえでスキンケアをすることで、肌のコンディションを良好に整えることが出来ますので、部位別の原因を知った上で適切なケアをすることが肌トラブルにやまされない美肌を維持するポイントです。
 
 

おでこにきびは前髪が原因になっていることも

おでこ ニキビ

ニキビができる場所として最もスタンダードな場所の一つがおでこです。
ニキビに悩まされる人の多くがまず初めにできる場所としてはおでこが挙げられるほどです。

おでこはTゾーンの一部で顔の中で最も皮脂の分泌量が多い場所です。
そのため、洗顔の時にも洗顔料を良くあわ出てしっかり余分な皮脂や角質を除去する必要があります。

又、前髪で汚れやすい部分ですので、前髪の刺激によってニキビが悪化してしまうことも少なくありません。
清潔に保つためにも肌が脂っぽい人は前髪をたらさない髪型にするのがポイントです。

 
 

こめかみのにきびはホルモンの乱れ?

こめかみ部分のニキビは、ホルモンのアンバランスが作用して起こるケースがあります。

おでこに繋がっている部分ではありますので皮脂の分泌量が多めなのに加えて髪の毛の影響も受けやすい部分です。
髪の毛が触れることでニキビが悪化して化膿した場合、クレーター状の跡を残すことになるのが多いのもこめかみの特徴です。

又、シャンプーやリンスのすすぎのこしでもニキビができることがありますので、シャンプーやリンスは顔を下に向けてしっかりと顔側からシャワーをかけてすすぎのコシが無いようにしましょう。
 
 

鼻にきびの症状は雑菌の影響も?

鼻には顔の中でも最も皮脂分泌量が多い場所ですが、意外と他の部分に比べるとニキビがそれほどできやすいとは言い切れない場所です。

しかし、頻繁に鼻にニキビが出来てそれが化膿しやすいという方の場合、洗浄が不十分であったり雑菌が繁殖している可能性があります。

鼻にできるニキビは雑菌の影響で赤く化膿することが多いですので、殺菌効果の高い石鹸や洗顔料で洗ったり、鎮静効果の高い化粧水などを使うのがポイントです。

細菌に高い効果を発揮する皮膚科の薬を早いうちにつけることも、悪化させずに改善させるポイントです。
 
 

あごにきびタイプは、ストレスやホルモンバランスが原因

顎ニキビ メルライン

あごにできるニキビは、主に大人のニキビとして治りにくいカテゴリーに入るといわれています。

あご周辺はホルモンバランスの影響をうけたニキビが出ますので、生理前にこの部分に症状が出やすい方は、ホルモンのアンバランスを疑うことがおすすめです。

あご部分はTゾーンに比べると皮脂の量はそれほど多くはありませんが、角質が貯まり易い部分ですので洗顔やピーリングによる皮脂や角質の除去は効果的です。

しかし、乾燥しやすい部分でもありますので保湿不足による症状も考えられます。ホルモンバランスとスキンケアで症状の改善を目指しましょう。

あごニキビ
 

顎ニキビでお悩みの方に圧倒的な支持を受けている医薬部外品がメルライン
【顎ニキビに。顧客満足度91.3%。180日間返金保証付き・解約自由。】

特に、痛い・痒い・ひどい・治らない方のニキビケアにおすすめ。
厳選した10種類の徹底保湿成分を高濃度配合し、ニキビ跡、黒ずみのケアに効果的。

メルライン
>> メルライン公式ページはこちら

 
 

頬ごにきびタイプは乾燥が原因になっていることも

頬 ニキビ

頬は範囲が広いため、一つか二つ症状が出ているだけでも気になってしまい化粧が映えないと悩む方の多い部分です。

この部分は乾燥しやすいため、化粧水や美容液などによる潤いの補給が足りていないことが原因で症状が出ている可能性があります。

肌はうるおい不足を察知すると皮脂を余分に出すことがありますので、洗顔後はうるおいを補給しながらニキビを防いでくれるローションやオールインワンゲルなどを使ったお手入れをするのがおすすめです。
 
 

口元のニキビはビタミン不足の可能性

口元にできるニキビで試してほしいのが、ビタミンB群のサプリメントです。

主にB2やB6といった成分が配合されているサプリメントは安価に販売されていますので、毎日摂取することで口元だけでなく顔全体のニキビが改善される可能性があります。

食生活が不規則になると、口元にニキビができることがあり、特にビタミン不足は原因になることが多いですし、ビタミンCやハトムギなどが配合されたタイプも肌を美しく導いてくれます。
 
 

背中のニキビはカビが原因になっていることも

背中のニキビ

背中は手の届きにくい部分なのに対して、顔同様皮脂の分泌量が多い箇所です。
それに加えて汗で不潔になる機会もあるため、清潔を保つことは非常に有効です。

ティーツリーというエッセンシャルオイルには殺菌効果がありますので、このオイルが配合されたクリームやボディーソープは症状の改善に役立ちます。

天然でなくても良いので殺菌剤が入った石鹸で背中を洗うと治るのが早くなるケースが期待できます。

適切なケアをしていても症状が改善しない場合、カビが原因になっていることがありますので、抗真菌剤などを使った治療が効果的です。

『メルライン』では、オーストラリア先住民・アボリジニの間で古くから伝わるアロマ「ティー・トリー」を配合しています。

『メルライン』はあごのにきび対策クリームとして知られていますが、あご以外にも全身に使えます。
ティー・トリーは非常に強い生命力を持った樹木であり、アボリジニにとっては身体に様々な効果をもたらす機能的な植物として広く活用されています。中でもシャープで清潔感のある香りは、深いリラックス効果が期待できます。

メルライン

 

<まとめ>
以上のようにニキビはできる箇所によって、原因も対策も大きく異なります。
基本的には不要な角質や皮脂が毛穴をふさいで炎症を起こしているのが原因なのですが、そこに至るまでのプロセスを知ることで早期の改善が見込めますし、美肌を目指すのに有効です。

次のページで、あごの吹き出物によくない食べ物について紹介します。