1. TOP
  2. リンパマッサージで、大人ニキビ改善

リンパマッサージで、大人ニキビ改善

リンパマッサージで、大人ニキビ改善

なかなか改善しない肌トラブルにはリンパマッサージがおすすめです。
とくに大人になってからできるニキビは老廃物が原因なんてことも多いんです。
最近、肌のむくみ、くすみ、ニキビに悩んでいるのであれば体からのSOSかもしれませんよ。

さっそく肌トラブルとリンパの関係についてみていきましょう。
 
 

むくみこそ美肌の大敵

肌トラブルはむくみが関係しているということ。
夜遅くに水分を取りすぎたり、冷たいものばかり摂取してしまうことはありませんか。
時間がたてば落ち着くから大丈夫と安心してはいけません。

むくみこそ美肌の大敵なのです。

むくみはリンパが滞ることで発生します。
体内に不要な水分や毒素など老廃物が蓄積されます。
こうなってしまうと栄養素を取り込めなくなり免疫力も低下する危険性があります。

しかも、むくみはそのままにしておくと定着してしまうのです。
口元や目元などのたるみにもつながるので、老化肌まっしぐらなんてことも示唆されます。

むくみこそ美肌の大敵
 
 

むくみとは

むくみはダイエットによる栄養の偏り、塩分過剰、長時間おなじ姿勢でいる、体内のミネラル不足です。
運動不足によるむくみであれば筋肉を動かしましょう。
 
 

むくみにはカリウム

食生活の影響によるむくみであれは、塩分の代謝を促すカリウムの含まれた食品を摂取すると良いです。
バナナやナッツ、アボカド、野菜などになります。
これらの食品はダイエット中でも健康的なのでうれしいですね。
 
 

むくみ解消に首マッサージ

首マッサージも効果的な方法。
顔に触れなくとも首マッサージだけでもむくみに効きます。

とくに首から鎖骨周辺はリンパが集中しています。
スマホやパソコンばかりしていると首の凝りにも繋がり、よけいにむくみを悪化させてしまいます。
デスクワークをしていても首をまわしてほぐすことを意識してください。

リンパマッサージで、大人ニキビ改善
 
 

血行促進は美の秘訣

顔の血流が促進すると肌のコンディションが良くなる。
肌にかぎらず全身のケアでもいえますが、血行促進は美の秘訣です。
血液の流れが悪くなると、肌に必要な栄養素が届きません。

また酸素もうまく配給されないのでますます調子は悪くなります。
新陳代謝を活性化させ、肌の細胞を正常に機能させることが大切です。
 
 

入浴は湯船につかろう

基本的なことは体を温める、運動不足を解消して筋肉をつけることです。
シャワーだけでお風呂を済ませずに湯船につかりましょう。

おすすめの入浴剤はエプソムソルトです。
つまり塩浴なのですが、通常の塩ではなくマグネシウムに特化している製品です。
全身を温める作用はもちろんのこと、むくみに効果のあるマグネシウムを補える優れものです。

エプソムソルトを使用した場合は、20分以上湯船につかることは避けましょう。
それ以上浸かるとせっかく排出した老廃物を逆に取り込んでしまう可能性があるためです。

アトピーや敏感肌のかたにとくにおすすめの入浴剤です。

入浴は湯船につかろう
 
 

好転反応とは

好転反応はあるのか気になるところです。

好転反応(こうてんはんのう)とは、もともとは東洋医学(按摩や鍼)で使われる用語で、治療の過程で一時的に起こる身体反応のことで、反応の程度はさまざまです。
慢性的に疲労していた筋肉がほぐれ、溜まっていた老廃物が血液中に流れること等が要因として考えられます。

先ほどのエプソムソルトを用いた入浴での好転反応は報告されていません。
しかし、リンパマッサージによる好転反応はたびたび起こる現象のようです。

全身のリンパマッサージを行った場合、発熱、だるさ、吐き気、尿の増加などがあります。
顔のみにリンパマッサージを施した場合も、肌トラブルの一時的な悪化がみられます。

しかしこれらの現象は、老廃物が排出されている証拠です。
すべての方に起こるわけではないので安心してください。

好転反応とは

 

 

好転反応が出たときの対処法

万が一、好転反応が出たときは正しい対処法をおこなってください。

大量の水分を摂取して毒素を流します。
おすすめは利尿作用のあるお茶、常温の水です。
20分から30分程度の運動も好転反応をやわらげる効果があります。

 
 

マッサージはオイルやクリームを忘れないで

マッサージオイルやクリームを忘れないでください。
リンパマッサージをおこなう際は、必ずオイルやクリームなどを塗布してください。
直接肌をマッサージすると外的刺激になるので要注意です。

オイルを使うときは、肌に水分があるとオイルが伸びやすいので入浴中がおすすめです。
クリームも良いですが、乳液状はもっとなめらかに施術をおこなうことができます。

マッサージはオイルやクリームを忘れないで
 
 

リンパマッサージの方法

マッサージ方法を学びましょう。
リンパが一番多く集まっている部分は、首、鎖骨、脇、足の付け根、ひざ裏です。

ここでは顎のマッサージを説明します。
リンパ液を脇に流すように誘導します。
 
 

リンパマッサージで最も気つけたいポイント
  • 圧力
    リンパマッサージで最も気つけたい点は「圧力」です。
    リンパ腺は皮膚の表面のごく浅いところにありますので、皮膚の表面を優しく撫でるくらいの圧で行うのが基本です。
    ごしごし強い圧で行うのは厳禁、リンパ腺が潰れてしまい、効果がなくなりますのでご注意ください。
  • 面でマッサージ
    皮下にある液体を流すので、指先ではなくできれば手のひら全体を皮膚に当てるようにして行います。

  • ゆっくり行う
    パッパッと早く手を動かすのもNG、音楽でもかけながらゆったりマッサージしましょう。

リンパマッサージの方法
 

リンパマッサージの方法
  • まずは首をゆっくり数回まわしてください。
  • そして鎖骨のくぼみに手をあて押します。
    そこから鎖骨に沿って脇のあたりまで流します。
    とくに左側はリンパが集中しているので入念にケアします。
  • 鎖骨からリンパを流したら脇に入れ込むようにします。
    脇に老廃物を流すイメージをしてください。
  • 次に軽くこぶしを作って鎖骨下からデコルテにかけてくるくると半円を描きます。
    やさしく気持ちよさのある圧力でおこないましょう。
  • 顔は額からこめかみを撫でて、さらにこめかみを軽く押します。
  • 頬の内側から外側へ流して、耳の横を通り下へ流します。
    上から下へを意識すると簡単です。
  • 顎下を軽く押してフェイスラインに沿って首へ流します。
  • 必ず最後は、脇に流しましょう。

 

 
<まとめ>
なかなか解消しない大人ニキビは、化粧品よりもリンパの流れを改善しましょう。
規則正しい食生活、運動はもちろんのこと冷え対策も大切です。